筑西市整骨院 かがやき「輝」鍼灸整骨院

バネ指

指は腱によって曲げ伸ばしが可能になりますが、その腱を押さえている腱鞘と呼ばれる部分と腱で炎症を起こすとバネ指として痛みや腫れ、熱感が生じます。(腱鞘炎)
腱鞘炎が進行し、指の曲げ伸ばしがスムーズにいかず引っ掛かりが出てくるとバネ指となります。

指には関節を曲げる屈筋腱(くっきんけん)と、指の基部でこれを包みながら腱の跳ね上がりを抑える腱鞘(けんしょう)があります。これはベルト(屈筋腱)とベルト通し(腱鞘)の構造を想像してください。
腱鞘が屈筋腱を抑えることによって指の曲げ伸ばしができます。
ただ、この腱鞘は負担がかかりやすく炎症を生じやすいという弱点もあります。
これが「腱鞘炎」の状態です。この腱鞘炎がさらに進むと腱鞘が厚くなったり、腱が太くなったりして引っ掛かりが生じます。このような状態になると指を伸ばそうとするとあたかもバネが弾ける様に指が急激に伸びるためばね指と言います。更に悪化すると指が動かない状態になります。
40〜50代の女性や妊娠出産期の女性にも多く生じます。またスポーツや仕事などで手や指をよく使う人にも多く発症します。その他糖尿病やリウマチ、透析をされている方など基礎疾患を持っている方もよく発生します。
親指・中指に多くみられますが、人差し指や薬指、小指にも発症します。
一般的に治療は包帯などで固定をして安静にすることが多いですが、固定をすると日常生活が不自由であったり毎回包帯を巻きなおさないといけないなど患者様の負担が大きくなります。

バネ指に対する当院の対処法

当院では炎症を抑える「超音波治療」と引っ掛かりを軽減するためのハンドオイル治療を行います。
また極力固定をすることなく症状改善するため、鍼灸治療を行なっています。
針は非常に細いものを使用して症状のある屈筋腱の両側に刺します。数回治療していくことによって引っ掛かりや痛みは改善していきます。

症状に関するお問い合わせ

症状でお悩みの方は是非当院までお気軽にお問い合わせください。お悩みの根本解決に向けて全力で向き合います!


送信内容を確認したらチェックして送信してください。

施術の動画

最近の記事

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る