筑西市整骨院 かがやき鍼灸整骨院

ブログ

筑西市の鍼灸院による頭痛治療

ブログ担当の青山です。

本日は頭痛について

日本人の3人に1人が頭痛もちです

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万人以上が悩んでいるといわれます。多くの人は「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合や、背後に命にかかわる病気が隠れていることもあります。

頭痛の種類によって治療法は変わります

頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、それよって予防法や対処法が大きく異なるため、治療法を間違えればかえって痛みが悪化することもあります。まずは自分の頭痛がどの種類なのかを知り、正しい治療を施せば、頭痛が楽になるのはもちろん、予防もでき、頭痛が起こりにくい体質になります。

当院に来られる患者さんの中で特に多い頭痛に「片頭痛」と「緊張型頭痛」があります。

片頭痛は何らかの理由で脳の血管が急激に拡張しておきます。心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに起こりやすくなります。

緊張型頭痛は、頚、肩の筋肉が緊張することで起きます。筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

当院の治療法は

ただ単に、首や肩をマッサージするのではなく、頭痛が起きている原因を身体全体から探っていきます。
関節、筋肉のバランスの崩れが最終的に頭痛を引き起こします。骨盤が歪めば背骨は左右前後に歪みます。身体の一番上に頭(頭蓋骨)があります。その下の頸椎は普段から一生懸命頭を支えています。身体の歪みを整える事により頭痛は解消されます。

1回で頭痛が無くなる方もいれば、少し残ってしまう方もいます。当院独自の治療を何回か続けてもらうことによって頭痛が起こりにくい体質になっていきます。また自宅指導として食事、ストレッチ、運動などのケアもしっかりとしていきます。

緊張型頭痛と偏頭痛はよく勘違いされる典型的な症状です。そのため、発症したときの対処法もまったく異なります。

もし、「自分の症状は緊張型頭痛か偏頭痛かわからない」と思って、本ページを訪れた方は、対処法を間違えないように最後までしっかり読んでいただきたいと思っているご質問の一つでもあります。

なぜなら、この対処法を間違えると、改善どころかかえって症状が悪化してしまうため、曖昧なものでなく、しっかり対処法を覚えてほしいからでもあります。

緊張型頭痛と偏頭痛の症状と発症のメカニズム

緊張型頭痛と偏頭痛の症状の現れ方は異なります。
そして、発症するメカニズムも異なります。

それを簡単にまとめると以下のようになります。

■緊張型頭痛
【症状】
・頭を締め付けられるような鈍い痛みを伴うが、
我慢できないほどではない
・吐き気は生じるが、実際にはいてしまうほどひどくない
・同時に肩や首の凝りを生じることがある
・常に頭が重い状態が続く
【発症のメカニズム】
頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなって起きる。
ストレスによって頭をとり巻く筋肉が緊張して収縮し、痛みが発症する。

■偏頭痛
・「ズキンズキン」という脈打つ痛みが起きる
・ストレスを感じている時よりも解放された時に起きやすい
【発症のメカニズム】
・脳への血流が一時的に増大(拡張)することによって起きる。

上記を見ると、緊張型頭痛と偏頭痛の現れる症状が違います。
そしてそのメカニズムも正反対であることがおわかりか
と思います。

■緊張型頭痛:血管の収縮が原因となって起きる
■偏頭痛:血管の拡張が原因となって起きる

緊張型頭痛と偏頭痛の対処法

緊張型頭痛は血管の収縮が原因となって起きるので、
血管を拡張する対処法が必要になります。
つまり、血流を改善するマッサージや体を温めることを
行うことが有効になります。

これに対し、偏頭痛は血管の拡張が原因となって起きるため、
血管の拡張を防止する対処が必要になります。

このため、偏頭痛に対しては、血管の拡張作用のある
マッサージや体を温める対処はかえって逆効果になります。
光をあてることも体に刺激を与えるので、光やテレビのない
暗い部屋で冷たいタオルで頭を冷やすとよいでしょう。

■緊張型頭痛の対処法
・マッサージ
・入浴やシャワーで体を温める
・運動やストレッチ

■偏頭痛の対処法
・頭を冷たいタオルなどで冷やす
・光のない暗い部屋で安静にする
・騒音や人ごみを避ける
・コーヒーや緑茶、ウーロン茶などを飲んでから休む
(ただし、過剰摂取はNG)

また、偏頭痛と緊張型頭痛の症状が同時に起きる場合があり、
判断に迷うこともあります。この場合は、自分で判断せず、
専門医に早めに診てもらうのがよいでしょう。

hyakusen_bnr

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る