営業時間:平日8:30~19:30 土曜9:00~17:00受付
定休日:日曜

筑西店 TEL: 0296-28-0038

天気によって、痛みが増すそこのあなたへ!

21.02.22
Pocket

おはようございます!かがやき鍼灸整骨院です!

季節の変わり目で、寒かったり、温かかったりとで、体調の変化ありませんか?

それの主な原因は、気圧の変化です!

耳の鼓膜の奥には、気圧の変化を感じる「内耳」という器官があり、脳は、内耳から伝わった情報を基に、周辺の環境に
体を順応させようとします。

しかし、内耳のセンサーが敏感に反応しすぎると、わずかな気圧の変化でも脳に過剰な情報が伝わってしまいます。この結果、自律神経が乱れて、体に様々な変調が起きます。

「どんな症状?」
 自律神経のうち交感神経が活発になると痛みを感じ、副交感神経が活発になるとだるくなったり眠くなったりします。

 心臓発作やぜんそくなどの持病が悪化する恐れもあり、軽く考えるのは禁物です。

 特に、雨が降る時や、台風の接近に伴って気圧が低下する時に症状を訴える人が多くみられます。夏から秋にかけての台風シーズンはもちろん、冬でも日本の南側を低気圧が通過する時などは注意が必要です。

 近年は、大型で強い台風が発生するケースも目立ち、症状を訴える人が増える傾向にあります。

「どう治すの?」
 内耳のセンサーが敏感に反応するのを抑えれば、症状の改善につながります。

 まずは、気象病の予兆であるめまいが出るタイミングで、抗めまい薬を飲むことが効果的です。抗めまい薬には、内耳の血流を改善する働きがあり、内耳の状態を整えてくれます。抗めまい薬と同様の成分が入った酔い止め薬を飲むのもよいでしょう。

 漢方薬を使う場合もあります。「 五苓散ごれいさん 」は水分の循環をよくする作用があり、抗めまい薬と似た効果があります。「 抑肝散よくかんさん 」には神経の高ぶりを抑えたりする作用があります。

 気象病の改善に効くとされるツボも手や足にあります。

 ただ、抗めまい薬などで気象病の元になる持病までは治らず、それぞれの持病に対応した治療が必要なことは言うまでもありません。

「どう防ぐ?」
 普段から内耳の血流を良くしておけば、自律神経が整い、気象病の予防や改善につながります。

 マッサージも有効です。両耳を軽くつまんで、上下横に5秒ずつ引っ張ったり、耳を横に引っ張りながら後ろに回したりしてください。

 天気と体調の変化を日記につけて、気象病の症状がいつ出るのかを予測すれば、あらかじめ薬で対処できます。地域ごとに気象病に注意すべきタイミングをスマートフォンなどで知らせてくれるアプリもあります。

 自律神経を整えるためには、十分な睡眠、適度な運動も不可欠です。規則正しい生活を心がけましょう。

関連記事

問い合わせ
茨城県筑西市かがやき鍼灸整骨院に問い合わせ 茨城県筑西市かがやき鍼灸整骨院に問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはもちろん無料です。
茨城県筑西市以外の方もお気軽にお問合せください。
つらい思いを抱えずに、お気軽にご相談ください。