筑西市整骨院 かがやき鍼灸整骨院

ブログ

筑西市で交通事故に遭われた方に‥‥

皆様こんにちわ!

筑西市にあるかがやき鍼灸整骨院の石橋です。

これから夏に向かうにつれて外出する機会も増えるのではないでしょうか?

そんな時遭遇することがあるのは「交通事故」ではないでしょうか??

私の先日車で家族と外出している際、目の前の車と交差点から出てきた車が

ぶつかりそうになる場面に遭遇しました。

結局ぶつかることはなく清んだのですが、

自分が注意して運転していてもいつ巻き込まれるか分からない「交通事故」

できれば体験したくないものですね

それでも交通事故に遭われてしまった方…

そんな方が必ずと言って良いほど訴える症状が「むちうち」です。

「むちうち」とは整形外科的診断では「頸椎捻挫(けいついねんざ)」といいます。

むちうちとは首のねんざなんですね。

では「捻挫」とは何でしょう??

捻挫とは関節に過剰な力が加わることで、靱帯(じんたい)が伸びたり切れたりする外傷です。

事故による衝撃で首を大きく振ったり、シートに頭を強くぶつけることで頚椎にダメージを受けて発症します。

ヒトの頭の重さは体重の8~13%と言われており、仮に10%だと仮定をした場合、体重60kgの人の頭の重さは6kgにもなります。

6kgという重さは、ボーリング球の13ポンドの重さに相当しますが、その重さが毎日、普通に過ごしていても首に掛かっていることになります。

肩こりや首こりに悩む方が多いのは、それだけ頭の重さが首にとって大きな負担となっているからだと言えます。

それが交通事故になると、さらに衝突の衝撃が加わるため、頚椎へ掛かる負荷は計り知れないものになります。

交通事故の中でも、特に頚部捻挫を起こしやすいのが後方からの追突です

前方での正面衝突の場合は、車が衝突をする前にある程度事故を予見することができるため、首の筋肉が緊張して首に掛かる負担を極力軽減することができます。

しかし、後ろからの追突事故になると全く意識していないところにいきなり衝突されるため、首の筋肉が緩んでいる場合が殆どで、そのため首が前後に大きく振られやすくなり、靭帯などを損傷しやすくなってしまいます。

なお、交通事故による頚椎捻挫は、追突された側が9割と圧倒的に多くなっています。

頚椎捻挫は、8割の方が3ヶ月以内に症状が改善し、治療が終了すると言われています。

その一方で、痛みが慢性化して長期的に後遺症に苦しむ方もいらっしゃいます。

後遺症の出現にはリハビリを必要な期間で行えたかが大きなポイントとなります。

そのため交通事故に遭われてしまった時から早期の治療を開始することをおすすめします。

筑西市にある当院かがやき鍼灸整骨院では今まで多くの交通事故治療を行ってきました。

交通事故に遭われると何をして良いか?分からない方も多いと思います。

・治療をしたほうがいい?

・どんな治療をしたらいい?   などお悩みの方は

ぜひご相談下さい。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る