筑西市整骨院 かがやき鍼灸整骨院

ブログ

筑西市で肩の痛みでお悩みの方へ

皆様こんにちわ!

かがやき鍼灸整骨院の石橋です。

梅雨入りしてからしばらく立ちますが、

雨も少なく夏の水不足が心配ですね。

さて、本日は肩の痛みについてお話ししたいと思います。

以前にも肩の痛みのなかで五十肩(四十肩)についてはお話ししました。

https://aoyama-chikusei.com/2017/03/27/shoulders-pain/

https://aoyama-chikusei.com/2017/04/05/shoulderpain2/

https://aoyama-chikusei.com/2017/04/10/shuolderspain3/

https://aoyama-chikusei.com/2017/04/18/shuolderspain4/

今日は「石灰沈着性腱板炎」についてご紹介したいと思います。

と言っても「石灰沈着性腱板炎」‥‥なかなか馴染みのない病気ですよね。

それでも意外と多くの方が経験している病気なのです。

整形外科ではよく医者は「関節にカルシウムが溜まっている」と説明されます。

症状は五十肩に非常に似ています。

・夜間の痛み

・痛みによる運動制限  など

ただし「五十肩」は原因がよく分からないものが多いのに対して

「石灰沈着性腱板炎」は肩の腱板(肩の4つの筋肉の総称)内に

リン酸カルシウム結晶(石灰)が沈着し炎症を起こします。

この石灰は、当初は濃厚なミルク状で、時がたつにつれ、練り歯磨き状、石膏(せっこう)状へと硬く変化していきます。

石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきます。そして、腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。

治療は基本的には保存療法となります。しかし、あまりに我慢をして石灰が石膏状に硬くなってしまうと

症状によっては手術で摘出することもあります。

早めの治療が大切ということですね!!

肩に限らず身体の痛みが出たときは我慢せず早期治療!!

何かありましたらお気軽にかがやき鍼灸整骨院までご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る